アモキシシリンに付いての正しい情報を頭に入れておくことが超重要

薬局やドラッグストアーでも買える薬でも、やっぱり副作用もあります。とはいっても、一般大衆薬を飲んで、副作用を体験した人は少ないでしょう。だからといって、病院からもらう薬やまたネットで購入する薬にたいしても、大丈夫だろうという考えでは時には重大なリスクを背負うかもしれません。

そうならないためにも、薬を飲む前にはかならず説明書や副作用についても調べておきましょう。

感染症にはアモキシシリン

病気になる原因として、病原性微生物があります。いわゆる細菌やカビやウイルスなどが体の中に入り込み、それによって炎症などの症状を引き起こしてしまうのです。これが感染症なのです。細菌やカビやウイルスが体に入り込んでも、必ずしも感染症にはなるとは限りません。

ところが、疲れや体調不良などから、免疫力が弱くなると、細菌などの感染力がつよまってしまい、その結果感染されてしまうのです。そんな感染症にはアモキシシリンがよく使われています。これはペニシリン系のお薬となっていて、殺菌により症状を改善していくのです。

アモキシシリンに付いての正しい情報を頭に入れておくことが超重要

いろいろな病気の原因が、感染の場合には広くアモキシシリンが使えます。また、子どもも使っても大丈夫なので基本的には体に安全な薬と言えるのです。

関連>>アモキシル(アモキシシリン500mg)の個人輸入なら任せて安心アイドラッグマート http://www.idrugmt.asia/drug/amoxil.html

アモキシシリンの副作用とは

どんな薬でも、副作用はあります。とはいっても必ずしも起こるものではありません。個人差もあり、またその時の体調や免疫力、また他の薬との飲みあわせなどにより、副作用はおきたりするのです。なお感染症に効くアモキシシリンにも、もちろん副作用はあるのです。

アモキシシリンの副作用とは

そんなアモキシシリンの副作用についても、まずは知っておきましょう。まず飲んでみて、肌に副作用が出ることがあります。たとえば、発疹、赤み、かゆみなとがあります。さらに発熱をしてしまうことがあります。これらの肌や発熱については、1種のアレルギー反応とも言えます。

次に、胃腸にでてきたりします。たとえば、胃痛、腹痛、吐き気、下痢、食欲不振があります。胃腸にでてくると、食事にも影響してしまい、ますます体力低下や免疫力低下につながることもあります。これらはアモキシシリンを飲むと、一般的にまだ出やすいと言われるほうの副作用と言えます。

ところが時には大きな、重い症状の副作用が出ることもあります。たとえば、ショック症状や腎臓障害、肝機能障害、血液障害などか起こったりもするのです。またこうした重い症状の前には、口の乾きやさらに耳鳴りや便意などもおこったり、動悸や呼吸が乱れるといったことが起こることもあります。

副作用がもしも出てしまったら

もしも、後半のような重い副作用がもしも出てしまったら、まずは薬の服用はやめてください。ただし、飲みはじめのころは、軽い程度の副作用は出てしまうこともあり、その場合にはしばらく体調を見ながら、服用するようにしましょう。とはいえ、無理してはいけません。

また、副作用が出た場合、病院からの処方の時には必ず医師へ報告をして、治療の仕方を見直ししてもらいましょう。もしも、ネット購入をして出てしまっても、速やかに病院へといって相談をしましょう。適切な処置をしてもらったり、また処方をしてもらいましょう。

なお、副作用は他の薬との飲み合わせもあります。まず、心臓や肝臓、腎臓の薬を飲んでいると効果を弱めたり、副作用が出たり、また他の病気の薬の効果に影響するかもしれません。これらの病気があるときには、病院へと相談してから飲むことをおすすめします。

副作用も知っておけば

アモキシシリンも副作用を知っておけば、怖くはありません。ぜひうまく服用していきましょう。

ピロリ菌除菌に使われる抗生物質について教えて下さい!ピロリ菌除菌に使われる抗生物質

ピロリ菌除菌に使われる抗生物質について教えて下さい!ピロリ菌除菌に使われる抗生物質

【ピロリ菌とピロリ菌が引き起こす病気について】

ピロリ菌は胃に住み着く細菌です。一度感染すると、除菌療法をしなければいなくなる事はなく、胃炎や胃潰瘍などの原因に成ります。その他、MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病といった特別な病気や、胃がんの発生母地を作るのではないかと言われています。

【ピロリ菌の感染原因】

ピロリ菌は胃酸の酸性度が強くなる成人で新たに感染することはなく、酸性度が低い小児期に多く感染すると言われています。衛生状態が悪い時代には、井戸水、水道水からの傾向感染、人糞を肥料とした野菜の摂取での感染が多かったようです。子供への口移しで食事を与えると、唾液や歯垢の中にいるピロリ菌が移行して感染する場合もあります。

【除菌療法の対象となる患者さん】

ピロリ菌は胃粘膜に感染しているだけでは無症状です。日本人のピロリ菌感染者は3500万人といわれています。保険適用で除菌療法ができる患者さんは限られていて、ピロリ菌感染によって胃炎を発症している方、胃潰瘍または十二指腸潰瘍の患者さん、胃MALTリンパ腫の患者さん、特発性血小板減少性紫斑病の患者さん、早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃の患者さんです。

【除菌に使われるお薬】

ピロリ菌除菌に使われるお薬は以下の3つです

・ランソプラゾール
・クラリスロマイシン
・アモキシシリン

ランソプラゾールはプロトンポンプ阻害薬という胃酸の出過ぎを抑える薬です。胃酸が抑えられると抗生物質の効果が高まります。クラリスソマイシン、アモキシシリンは抗生物質でそれぞれにピロリ菌に対しての抗菌作用がありますが、併用することで効果が高まります。

【除菌に使われるお薬】

除菌はこれらのお薬を7日間、朝と夕内服します。武田薬品工業株式会社より「ランサップ」というこの3つのお薬が7日分セットになっている製品が発売されており、このセットを処方される患者さんが多いかと思います。

【薬の副作用】

抗生物質はアレルギーが比較的発現しやすい薬です。これまでに薬剤アレルギーを起こしたことがある人はあらかじめ処方医に必ず伝えましょう。ピロリ菌除菌に使うお薬で下痢などの消化器症状、味覚異常または発疹を起こすことがあります。それらの症状が出た場合は自己判断で中止するとピロリ菌が耐性化し、その後の治療が難しくなることがあるので、その後の内服について処方を受けた病院、クリニックに問い合わせ、指示を仰いでください。