アモキシシリンを服用するタイミングなど注意をして把握しておくべき情報

アモキシシリンは溶連菌やヘリコバクターピロリ、中耳炎、咽頭炎など、感染症の症状の緩和に用いられる薬です。細菌が原因の感染症の場合には主に使用されると言われていますが使用するにあたって抗生物質ですので気をつけたほうがいいことがあります。

■いつ服用するのか?
処方された時に医師や薬剤師から説明があるかと思いますが、食後に服用することが一般的です。1日または1回に服用する量や服用時間は医師が指示をしているはずですので、それはきちんと守った上で服用しましょう。そして抗生物質に限った事ではありませんが中断を自己判断したり,減量を自己判断すれば耐性菌を作ってしまいその薬が効かない菌が生まれてしまうこともありますので、十分に注意して使用しましょう。

■ショック症状やアレルギーについて
以前ペニシリン系のアモキシシリン以外の薬でもショックや何らかの症状が起きてしまった人は、この薬は使用することができませんので、あらかじめ医師に以前の経過を伝えておいたほうがいいでしょう。抗生物質のペニシリン以外でも、過敏症やアレルギーの反応が出たという人も、注意したほうがいいでしょう。

もしかするとこの薬を飲むことで再度現れることがあります。

■持病について
肝臓病や腎臓病、胃腸や血液に障害を持っている人、全身状態が現在悪い人や他に持病があるために薬を服用しているという人は、病状の悪化につながる可能性もありますので、その場合も医師に相談をした上で処方してもらうようにしましょう。また高齢者はどのような薬であっても副作用が強くでる可能性がありますので注意したほうがいいでしょう。

処方された薬を何も考えずに飲むのではなくて安全性や自分の体のことは自分で守るように気を付けて飲んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です