アモキシシリンは、性病治療にも使われているらしいので信頼度は高いと言えるのでしょうか?

私たちの生活でセックスも大切なコミュニケーションといえます。特に若い頃だと、性欲も強いですからなおさら、セックスへの関心も高いでしょう。恋人とのセックスを楽しんでいたのが、今の時代だとセフレとのセックスを楽しんだりと、セックスへの価値観も変わってきています。

■セックスもリスクがある
セックスが気持ちよかったり、また好きな人とのセックスであれば、幸せを感じれるなどいいことも多いです。ところが、セックスにより性病になってしまうリスクも少なからずあります。やっぱり清潔にせずにセックスもしたり、またアナルなどを愛撫する行為により、性病を引き起こすこともあり得ます。

いろいろなプレイをして楽しみたいでしょうが注意も必要です。そんな性病でよくあるのが、梅毒なのです。

■梅毒治療にアモキシシリン
梅毒は、口の回りや手足、性器などにしこりができてしまう、口の中にもできものができる、全身に発疹やぶつぶつしたできものができるなどの症状が見られます。細菌やかびによりできてしまうので、注意が必要です。以前は治りにくいとも言われていましたが、今だとアモキシシリンといった抗生物質を使うことで早期の治療も可能になったのです。

治療についても、アモキシシリンの場合には、カプセルや錠剤を1日に複数回数、服用するだけなので、治療の手間もかからずに進めやすいです。アモキシシリンは、細菌を殺菌してくれるので、まずは一定期間飲み続けることが大切です。なお、見た目には治っていると思っても細菌が残っている可能性もあるので、服用は決められた期間続ける必要があります。

■他の性病にも
性病の場合には、細菌やカビによる感染症が多いので、アモキシシリンは梅毒以外の性病にも効果を発揮します。もしもと思ったら、病院へ行き、アモキシシリンの服用を始めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です